スピリチュアル

2010年6月23日

コナン・ドイルの心霊学

◇◆第667回◆◇

4806314250コナン・ドイルの心霊学
コナン・ドイル  近藤千雄(訳)
潮文社 2007-12

by G-Tools

ドイルのスピリチュアリズム研究
コナン・ドイルはシャーロック・ホームズの生みの親です。彼がエジンバラ大学を卒業した眼科医であり、スピリチュアリズムの研究に40年以上もいそしんでいたことはあまり知られていません。彼の生きた時代は近代スピリチュアリズムの勃興期でした。最初は物理的心霊現象が盛んであり、それが徐々に精神的な「霊界通信」のようなものへと変わっていきました。本書は1918年と19年に出版された古典の復刊ですが、ドイルが述べていることはスピリチュアリズムの基本といえることであり、古さは感じません。訳者は『シルバーバーチの霊訓』など数多くの英米のスピリチュアリズム関係の翻訳がある近藤千雄氏です。丁寧な訳注によって日本の現代の読者にも理解しやすいものになっています。

続きを読む "コナン・ドイルの心霊学" »

2010年6月22日

日本人の心のふるさと"かんながら"と近代の霊魂学"スピリチュアリズム"

◇◆第666回◆◇

4434076086日本人の心のふるさと"かんながら"と近代の霊魂学"スピリチュアリズム"
近藤 千雄
コスモスライブラリー 2006-03

by G-Tools

近代スピリチュアリズムの歴史と日本人の霊性
スピリチュアリズムとは、19世紀半ばのアメリカで起こり、20世紀初頭にイギリスで飛躍的な発展をとげた「人間の個性の死後存続」を大前提とした生命哲学です。霊や死後の世界といった言葉がキワモノ的な扱いをされやすく、真面目にとりあわない人が多いという状態が続いていますが、頭からインチキと否定している人はもちろん、肯定している人でもその歴史的経緯について、あまり詳しくは知らないという人が多いのではないでしょうか。本書はその発展経過について、わかりやすく書いてあります。特に神道(かんながら)とスピリチュアリズムの関係についての考察もあり、日本人の霊性の高さについてあらためて知らされる本です。

続きを読む "日本人の心のふるさと"かんながら"と近代の霊魂学"スピリチュアリズム"" »

2010年6月12日

神秘学概論

◇◆第665回◆◇

4480083952神秘学概論 (ちくま学芸文庫)
ルドルフ・シュタイナー  高橋 巌(訳)
筑摩書房 1998-01

by G-Tools

人間とは何か、宇宙とは何か
シュタイナー四大主著の一冊であり、その思想の根幹が綴られています。正直に言うと簡単には理解できません。用語が特殊ですし、科学的な思考になじんでいる現代人にはとうてい本当とは思えないようなことが、特に後半部分に記されています。とはいえ、理解できるところからじっくり読んでいくと人間とは何か、世界とは、宇宙とは何かという誰もが心に描くであろう質問のヒントが得られます。そのうえで自分自身で思考し続けることが大事なのだと思います。

続きを読む "神秘学概論" »

2010年5月28日

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか

◇◆第664回◆◇

4480086641いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか (ちくま学芸文庫)
ルドルフ シュタイナー Rudolf Steiner
筑摩書房 2001-10

by G-Tools

ごく普通のことを倦まず弛まず実行する
どんな人間の中にも、感覚的世界を超えて、より高次の諸世界まで認識を拡げることのできる能力が微睡んでいる、とシュタイナーは冒頭に述べています。本書はかつて秘儀とされ、師から弟子への口伝であったその奥義を書物で伝えようとするものです。題名や扱う題材から予測されるような特殊な行法といったものは、書いてありません。むしろ、普通の生活の中での精神のあり方、視点の持ち方といったものが述べられています。修行とは本来こういうものなのだろうと納得しました。普通のことを普通に、精神を集中させて継続しておこなえれば、それが修行につながるのです。

続きを読む "いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか" »

2010年2月26日

人生の羅針盤

◇◆第649回◆◇

4072504068人生の羅針盤
キャロル・アドリエンヌ  片山奈緒美(訳)
主婦の友社 2008-12

by G-Tools

アライヴネスを感じるために
数秘術の第一人者である著者が「アライヴネス」をテーマに書いた本です。アライヴネスとは、この瞬間を精いっぱい生きていることを示す貴重な感覚です。純粋な悦び、満足、心の調和、熱意、スピリチュアルな気づき、そうしたものに満ちた感覚であり、ゾーンとかフローと言われる状態に近いかもしれません。この感覚を体験できれば、人生は生きるに値すると感じられ、スピリチュアルな意味で全世界の生命エネルギーとのつながりを実感できます。

続きを読む "人生の羅針盤" »

2010年2月17日

ネガティブを愛する生き方

◇◆第645回◆◇

4862801323ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
伊藤美海  総合法令出版 2009-03-25

by G-Tools

ポジティブだけでは歪む
ポジティブ・シンキングの落とし穴を指摘しています。光があるところには闇があり、光だけを求めることは一種のゆがみです。闇や影の部分の存在を認め、光と闇をまとめて受け入れることが重要なのです。これは多分どのようなところでも言えることだろうと思います。ユング心理学の「シャドウ」の存在とネガティブは似ていますし、陰陽の考え方にも通じます。影を抑圧すれば予期せぬ形で暴発します。陽が極まればそこに陰が生まれ、陰が極まれば陽が生まれます。世のすべてはこのリズムの中で流れているのです。

続きを読む "ネガティブを愛する生き方" »

2010年1月30日

バイオグラフィー・ワーク入門

◇◆第641回◆◇

489176600Xバイオグラフィー・ワーク入門
グードルン・ブルクハルト  樋原裕子(訳)
水声社 2006-07

by G-Tools

バイオグラフィーの具体的方法
バイオグラフィーとは、生きてきた軌跡であり、人生の物語です。個人がそれに取り組むことにより自分が今いる位置を確認し、人生の意図を見出すことが可能になります。同時に他者を理解するヒントも得ることができます。本書ではシュタイナーの人智学に基づいたバイオグラフィー作成の具体的方法について述べてあります。その根底にあるのは、人間は生物学的存在であると同時に霊的存在でもあるという思想です。

続きを読む "バイオグラフィー・ワーク入門" »

2010年1月20日

あなたは7年ごとに生まれ変わる

◇◆第640回◆◇

あなたは7年ごとに生まれ変わる
西川隆範  河出書房新社  1995-9-20

バイオグラフィーによる人生の考え方
ルドルフ・シュタイナーの「バイオグラフィー」によると、人間の一生は7年ごとに大きな節目を迎えるといいます。さらにそれを三つずつまとめて、人生を三分割すればその時期にどのような課題があるかの見当をつけられるだろう、というのです。21歳までは成長期であり、周囲から学ぶ時期、21歳から42歳は社会で活動し経験を積む時期、42歳から63歳は自分の精神を育てる時期、63歳以降は課せられた仕事から解放されて自由に生きる時期だという考え方が示されています。

続きを読む "あなたは7年ごとに生まれ変わる" »

2009年10月11日

人生の意味

◇◆第623回◆◇

4072480657文庫版 人生の意味
キャロル アドリエンヌ 住友 進
主婦の友社 2005-09-09

by G-Tools

誰もが人生の目的に向かって進んでいる
本当の自分とは何だろう、自分の人生の目的とは何だろう、というのは人間の究極的で最も深い問いかけのようです。本書はそうした問いかけを胸に抱いた人がそれを見つけられるよう手助けするためのものです。誰もが目的を持って生れてくるのであり、誰もがすでに人生の目的に向かって歩んでいます。スピリチュアルの視点から見れば、人の人生に優劣はありません。世の中の常識と外見から人を判断することはできないのです。

続きを読む "人生の意味" »

2009年6月15日

ニュー・アース

◇◆第577回◆◇

4763198726ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
エックハルト・トール 吉田 利子(訳)
サンマーク出版 2008-10-17

by G-Tools

目覚めることは、いまに在ること
「目覚める」とか「悟る」とかいうのは実は非常に簡単だということが具体的に書いてあります。しかし、それがあまりに簡単であるがゆえにほとんどの人間は目覚めることも悟ることもできない、という悲しい現実があります。自分の額や背中に真実が書いてあるようなものです。近すぎて見えない。目覚めるとは、いまに在ることだ、と著者は繰り返し述べています。これは古今東西の霊的教え、キリストから禅まで言葉をかえ、比喩をかえして語っていることです。

続きを読む "ニュー・アース" »