発想法

2015年7月10日

0ベース思考

◇◆第883回◆◇

44780290670ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる
スティーヴン・レヴィット スティーヴン・ダブナー 櫻井祐子
ダイヤモンド社 2015-02-14

by G-Tools

0ベース思考とは
脳を鍛えなおして、大小問わずいろいろな問題を普通とは違う方法で考える。ちがう角度から、ちがう筋肉を使って、違う前提で考える。やみくもな楽観も、ひねくれた不信ももたずにすなおな心で考える…表紙を開いたら最初にこう書いてあります。本書の中で述べられていることは、これに尽きます。もっと単純な言葉で言ってしまうと「裸の王様方式で考えろ」ということです。

続きを読む "0ベース思考" »

2015年5月 2日

マーケット感覚を身につけよう

◇◆第882回◆◇

4478064784マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
ちきりん
ダイヤモンド社 2015-02-20

by G-Tools

価値を認識する能力
マーケット感覚とは、「価値を認識する能力」であり、もっと平たく言えば「売れるものに気がつく能力」です。価値のあるものは身近に転がっており、それを認識できた人はそれを梃子に大きな飛躍を遂げることができます。成功者となるためには、学歴、資格、何かの特殊技能よりも、ずっとこのマーケット感覚の方が大事だと著者は主張しています。

続きを読む "マーケット感覚を身につけよう" »

2010年8月29日

ブレーン・ハッカー

◇◆第687回◆◇

4781603998ブレーン・ハッカー  巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”!
デイビッド・マレイ  本田直之(訳)
イーストプレス 2010-06

by G-Tools

的確な分析だが、できるかどうかは別
この世に「新しいもの」は何もなく、あるのは「すでにあるものの新たな組み合わせ」であり、創造性とはそのつながりを見つけること、という従来から言われてきたことを少し例を変えて述べている本です。この本自身がそのひとつの例であり、ニュートン、アインシュタインといった天才の発想法を分析しています。少し新しいところで、ジョージ・ルーカス、スティーブ・ジョブズらも取り上げています。参考にできるかどうかは、読み手次第だと思います。

続きを読む "ブレーン・ハッカー" »

2009年4月28日

ひらがな思考術

◇◆第556回◆◇

4591086291ひらがな思考術
関沢 英彦
ポプラ社 2005-04

by G-Tools

自分のことばで発想し表現するために
「腑に落ちる」というのはできそうでできないことです。頭やリクツではわかっているのだが、今ひとつ自分のものにならない、何か違和感がある、借り物の感じがする、そういうことは意外に多いものです。情報過多の時代、押し寄せる情報の数々は横文字や漢字の専門語や流行語になりがちです。それを消化して自分のアイデアを出していかなければならないのですが、借り物感がある限り、相手に届くものにはなりません。では、どうすればよいのか、それを本書では「ひらがなで考えよ」と提案しています。

続きを読む "ひらがな思考術" »

2009年3月17日

アイデアのちから

◇◆第536回◆◇

4822246884アイデアのちから
チップ・ハース+ダン・ハース 飯岡 美紀(訳)
日経BP社 2008-11-06

by G-Tools

「記憶に焼きつくアイデア」の原則とは
記憶に焼きつくアイデアとは、大勢の間に瞬く間に広まり、人の行動を変え、さらには長く記憶されるようなアイデアのことです。典型的なものはことわざです。焼きつくアイデアは人の心をとらえるのです。本書ではそうしたアイデアを単純明快・意外性・具体的・信頼性・感情に訴える・物語性という六原則でくくり、それらを「SUCCESsの法則」としてまとめています。冒頭と巻末に同様のまとめがあり、中身はそれらの具体例です。

続きを読む "アイデアのちから" »

2006年8月13日

アイデア・ブック スウェーデン式

◇◆第307回◆◇

4478760969アイデア・ブック スウェーデン式
フレドリック・ヘレーン
ダイヤモンド社 2005-03-11

by G-Tools

アイデアを出すための短いヒント集
100ページに満たない本ですが、その中に30のアイデアのヒントが短いトピックで書かれています。これまで「発想法」関連の本を何冊か読んでいる人であれば、それほど斬新な内容は出てきません。しかし、読んで知っていることと、実際にできることは違います。最近『アイデア・ブック2(トゥーボ)』も出ており、すぐに参照できて、発想にいかせるヒントが並んでいるという点で秀逸です。

続きを読む "アイデア・ブック スウェーデン式" »

2006年3月 2日

「パパ・ママ」創造理論

◇◆第209回◆◇

4062125528超思考法「パパ・ママ」創造理論 「異種結婚」で大ヒット商品をつくる
日比野 省三
講談社 2004-09-09

by G-Tools

異種を組み合わせ新しいものを生み出す
創造とは、「古いアイデアを新しい視点で解釈すること」です。そして、創造力とは、「視点を作り出す力、新しい視点から解釈する力」です。創造とは異種の組み合わせであり、異種をうまく組み合わせて新しいものを生み出すための考え方が「パパ・ママ」創造理論なのです。

続きを読む "「パパ・ママ」創造理論" »

2005年12月29日

右脳で遊ぶ発想術

◇◆第155回◆◇
右脳で遊ぶ発想術
WHAT A GREAT IDEA!  1992
チャールズ・トンプソン Charles "Chic"Thompson 杉浦茂樹・訳
TBSブリタニカ  1994 

著者は創造性開発セミナーの講師として、欧米や日本で講演し実践的なノウハウを多くの企業や公的機関に提供してきました。本書ではそれをワークブック形式でわかりやすく解説しています。すべての人の中にあふれるような創造性が眠っていると著者はいいます。さまざまなテクニックがもりだくさんに書かれていますが、その中から太字で書かれた「創造性のヒント20」を以下にピックアップしてみました。

続きを読む "右脳で遊ぶ発想術" »

2005年12月27日

人生を変える80対20の法則

◇◆第153回◆◇

4484981068人生を変える80対20の法則
リチャード コッチ 仁平 和夫
阪急コミュニケーションズ 1998-05-01

by G-Tools

最小努力で最大の効果を
80対20の法則とは、投入、原因、努力のわずかな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらすという法則です。これを発見したのはイタリアの経済学者パレートで、「最小努力の法則」「不均衡の法則」などとも呼ばれています。著者は起業家、投資家、経営コンサルタントとして成功をおさめていますが、学生時代にこの法則に気づき、以来これを人生すべての局面に応用してきたといいます。

続きを読む "人生を変える80対20の法則" »

2005年12月26日

ユダヤ人の頭のなか

◇◆第152回◆◇

475730241Xユダヤ人の頭のなか
アンドリュー・J・サター 中村 起子
インデックス・コミュニケーションズ 2004-07-22

by G-Tools

イデシェ・コップこそユダヤ式思考法
著者は日本人を妻にもつユダヤ系アメリカ人の国際弁護士です。歴史的に迫害を受けてきた、マイノリティであるユダヤ人が多くの分野で大成功をおさめるにいたった「ユダヤ人の成功手法」の本当のところを理解してもらうために、本書を日本人にむけて著したといいます。ユダヤ人成功の鍵は「イディシェ・コップ(ユダヤ人の頭)」という考え方です。

続きを読む "ユダヤ人の頭のなか" »

より以前の記事一覧