環境問題

2010年5月13日

木を植えよ!

◇◆第662回◆◇

4106035723木を植えよ! (新潮選書)
宮脇 昭   新潮社 2006-11-22

by G-Tools

潜在自然植生を生かした森づくりを
著者は世界で最も数多く木を植えた男といわれる植物生態学者です。本書ではその理論的基盤と情熱に満ちた実践の様子を語っています。単に木を植えればいいというものではなく、何を植えるかが大事です。著者が提唱しているのは「潜在自然植生」に基づいた植樹です。その土地にもともと生えていた樹木、そこを自然のままにしておけば最終的にその木がその土地を覆い尽くすであろう樹木を最初から選択して植えるという考え方です。

続きを読む "木を植えよ! " »

2008年7月24日

地球温暖化論のウソとワナ

◇◆第487回◆◇

4584130701地球温暖化論のウソとワナ
伊藤公紀 渡辺 正
KKベストセラーズ 2008-04-26

by G-Tools

地球温暖化論を冷静に検討してみる
地球温暖化と二酸化炭素排出に関する議論について、京都議定書が作られたころは温暖化危機が大きく叫ばれていました。温暖化は人為的な原因によるもので、二酸化炭素の排出量が飛躍的に増大したせいであり、このままでは破滅的な気温上昇を招く、というのがその主張です。しかし、最近になって、その説に懐疑的な意見がマスメディアに登場するようになってきました。本書も科学者の立場から、一連の温暖化論に疑問を投げかけるものです。

続きを読む "地球温暖化論のウソとワナ" »

2008年7月17日

環境危機をあおってはいけない

◇◆第484回◆◇

4163650806環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態
ビョルン・ロンボルグ 山形 浩生 (訳)
文藝春秋 2003-06-27

by G-Tools

環境問題はどこまで深刻なのか、冷静に考えてみよう
エコという言葉が氾濫するようになって久しく、環境問題こそ21世紀最大の課題だ、と思っている人(思わされている人)は少なくないでしょう。しかし、私たちは地球環境の現状と未来について本当はどれだけ知っているのでしょうか。そのことを深く考えさせられた本でした。マスメディアで目にする環境破壊、地球温暖化、生物多様性の喪失、森林喪失、健康問題の悪化など、このままでは未来の地球は地獄のような場所になってしまうといった一連の情報は、本当なのでしょうか。

続きを読む "環境危機をあおってはいけない " »