健康・暮らし

2017年11月29日

ダイエットの科学

◇◆第901回◆◇

4826901941ダイエットの科学―「これを食べれば健康になる」のウソを暴く
ティム・スペクター 熊谷 玲美
白揚社 2017-04-28

by G-Tools

マイクロバイオームからダイエットを考える
世の中には多くのダイエットに関する話が出回っています。中には科学的根拠に欠け、健康を脅かすものも少なくありません。「これを食べれば健康になる」のウソを暴く、という副題にあるように、多くのダイエットが主張している説にはかなり怪しいものがあり、健康を害する可能性が高いものもあります。本書ではさまざまな栄養素、健康によいとされる食品を数多く取り上げ、何をどのように摂取することが最も望ましいのかについて、科学的根拠をもとに述べています。

続きを読む "ダイエットの科学" »

2016年9月26日

がんが自然に治る生き方

◇◆第891回◆◇

4833421070がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと
ケリー・ターナー 長田美穂
プレジデント社 2014-11-13

by G-Tools

進行がんの劇的な治癒例から学ぶ
題名が示すように、本書は全身転移、再発といった進行がんを生き延びた人たちへの調査をもとに書かれています。著者は腫瘍内科学の研究者であり、こうした進行がんの劇的寛解例を千件以上分析し、そこから驚異的な自己治癒力を発揮するに至った共通項を見出そうとしています。アメリカの症例なので、日本とは医療そのものや代替医療の扱われ方などに差がありますが、参考にできることは多いのではないかと思います。

続きを読む "がんが自然に治る生き方" »

2016年6月 7日

「ガンが食事で治る」という事実

◇◆第889回◆◇

4837671454「ガンが食事で治る」という事実―済陽式ガンの食事療法vs星野式ゲルソン療法 (ビタミン文庫)
済陽 高穂 星野 仁彦
マキノ出版 2010-12-15

by G-Tools

医者は食事療法に関しては無知
星野仁彦は42歳のときに大腸がんを発症し、肝臓に転移。自らゲルソン療法を研究し、忙しい精神科医としての勤務を続けながらおこなえるように改良した星野式ゲルソン療法によって、がんを克服しました。済陽高穂は消化器外科医ですが、手がけた患者の5年生存率の低さに愕然としていたときに星野の著書と出会い、連絡をとったところから交流が始まりました。済陽は星野の方法も参考に、済陽式ガンの食事療法を考案して患者治療に活かしています。

続きを読む "「ガンが食事で治る」という事実" »

2016年5月24日

ゲルソン療法でがんを消した人に再発はない

◇◆第887回◆◇

4906784364ゲルソン療法でがんを消した人に再発はない-がんを消し、再発しない体をつくるゲルソン療法入門-
渡邉勇四郎
ATパブリケーション 2015-05-22

by G-Tools

ゲルソン療法はなぜ進行がんにも有効なのか
著者は内科医で、2007年に進行して手術ができない前立腺がんと診断されました。そのとき、以前から興味を持っていたゲルソン療法のことを思い出し、それを試してみることにしました。その結果、前立腺がんを克服し、8年たっても再発はありません。著者は現在、ゲルソン療法から得たヒントをもとに新しい輸液療法をおこなうなど、積極的にがん治療に取り組んでいます。本書では、ゲルソン療法を現代の医療の目で「なぜゲルソン療法が効くのか」ということをわかりやすく解説しています。

続きを読む "ゲルソン療法でがんを消した人に再発はない" »

2016年5月23日

ゲルソン療法のススメ

◇◆第886回◆◇

4776206021末期がんを克服した医師のゲルソン療法のススメ ~ 5年生存率0%からの生還~
星野仁彦
アスコム 2010-03-27

by G-Tools

食事療法で肝臓転移した大腸がんを克服
著者は精神科の医師として多忙な毎日をおくっていた42歳のときに大腸がんを発症。すでにステージ3で周辺リンパ節に転移していました。この段階ですでに進行がんであり、5年生存率は厳しいものになります。その後、がんは肝臓に転移していたことがわかりました。5年生存率0%というのはやや大げさながら、長期生存が難しいのは事実です。ここで、著者は抗がん剤を拒否し、ゲルソン療法というほぼ90年前にマックス・ゲルソン医師が開発した食事療法に賭けてみることにしました。

続きを読む "ゲルソン療法のススメ" »

2016年5月22日

無病法

◇◆第885回◆◇

456980568X無病法
ルイジ・コルナロ 中倉 玄喜
PHP研究所 2012-05-19

by G-Tools

食べることを最小限にするのが健康のもと
著者のルイジ・コルナロはルネサンス期のヴェネツィア人で102歳まで活力に満ちて健康に暮らし、午睡に入った後目覚めなかったという健康長寿の見本のような生涯を送りました。彼はヴェネツィアの名門に生まれ、若い頃は放縦な生活を送り、宴会続きと食べすぎで30代から40代半ばにかけて「生活習慣病」に侵され、命も危うい状態になりました。そこから医師の勧めによって食事を節することを始め、この健康長寿を実現したのです。

続きを読む "無病法" »

2015年8月10日

認知症予防のための簡単レッスン20

◇◆第884回◆◇

416660998X認知症予防のための簡単レッスン20 (文春新書)
伊藤 隼也
文藝春秋 2014-11-20

by G-Tools

認知症は予防できる
認知症治療のために今、もっとも注目されているのが、認知症の前段階である「軽度認知障害(MCI)」での治療と予防です。MCIは、物忘れがひどくなったという自覚があり、周囲からもそれを指摘される状態です。認知症に進んでしまうと、治療は困難になりますが、MCIの段階なら、まだ元の状況に戻ることも可能だからです。本書では、認知症予防のための行動を、食事と運動の面からやさしく解説しています。毎日の小さな心がけで、認知症予防は可能なのです。

続きを読む "認知症予防のための簡単レッスン20" »

2015年4月 1日

人生がときめく片づけの魔法

◇◆第881回◆◇

4763131206人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版 2010-12-27

by G-Tools

片づけられないのは片づけの方法を習っていないから
部屋を片づけることが苦手だという人は結構いるようです。私自身もかつては散らかった部屋で暮らしていました。「断捨離」の考え方に出会って部屋を片づけ、それ以来ビジネスホテルのようなすっきりとした部屋で暮らしています。再び散らかって部屋がカオス状態になるというリバウンドには見舞われていません。それでも、本書からはさらに学ぶことがいろいろありました。

続きを読む "人生がときめく片づけの魔法" »

2015年1月22日

脳を鍛えるには運動しかない!

◇◆第879回◆◇

4140813539脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方
ジョン J. レイティ エリック ヘイガーマン John J. Ratey
日本放送出版協会 2009-03

by G-Tools

運動は健康に生きるために必要不可欠
運動をさせた子どもは成績があがる。運動すると35%も脳神経成長因子が増える。運動することでストレスやうつを抑えられる。運動で5歳児のIQと言語能力には大きな差が出る。運動する人は癌にかかりにくい。運動を週2回以上続ければ認知症にかかる確率が半分になる。-----これらのことを具体的な研究結果、症例をあげながら330ページ以上にわたって述べている本です。運動が健康のためにいいということはわかっていても続かないという人は多いです。しかし、本書を読めば運動は気が向いたらやってもいい「趣味」のようなものではなく、絶対的に必要なものということが理解できるでしょう。

続きを読む "脳を鍛えるには運動しかない!" »

2014年2月 5日

ひざの激痛を一気に治す自力療法No.1

◇◆第840回◆◇

4837662617ひざの激痛を一気に治す自力療法No.1 (軟骨が再生する脅威の運動大判ポスター付き! )
マキノ出版 2013-06-01

by G-Tools

膝が痛い人のための簡単にできる自己療法
冬に入るころ、右ひざに違和感を覚えました。そのうちにおさまるだろうと思っていましたが、一週間たってもすっきりしません。痛いというわけではなく、膝がはれぼったい感じで正座やしゃがみこむ動作がうまくできないのです。普段の動作に大きな支障はありませんでしたが、このまま膝の調子がじわじわと悪くなっていくと困ります。ネットで情報を探しても、似たような解説ばかりでぱっとしません。そこで、Amazonで膝の悩みに関する本を探しました。

続きを読む "ひざの激痛を一気に治す自力療法No.1" »