« 人生がときめく片づけの魔法 | トップページ | 0ベース思考 »

2015年5月 2日

マーケット感覚を身につけよう

◇◆第882回◆◇

4478064784マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
ちきりん
ダイヤモンド社 2015-02-20

by G-Tools

価値を認識する能力
マーケット感覚とは、「価値を認識する能力」であり、もっと平たく言えば「売れるものに気がつく能力」です。価値のあるものは身近に転がっており、それを認識できた人はそれを梃子に大きな飛躍を遂げることができます。成功者となるためには、学歴、資格、何かの特殊技能よりも、ずっとこのマーケット感覚の方が大事だと著者は主張しています。

マーケット感覚とは、コロンブスの卵のようなもの、とも言えるかもしれません。誰かが何かで大きな成功を遂げると、「なんだこんな簡単なことで」と言う人がいます。ところが、簡単に見えることでもその人がやるまでは誰もその価値に気づかず、それをやってみようとはしませんでした。最初に何かを始めた人は、「何か」の中に他の誰も気づかなかった価値を見出したのであり、だからこそ偉大なのです。

マーケットとは「市場」のことです。市場とは、そこで何かが取引される場所です。現在はあらゆるものが市場化される過程にあります。それを大きく進展させたのがインターネットです。多種多様なニーズが市場に現れ、従来は価値があるとは考えられていなかったものに大きな価値が出てきたりします。それらの実例を本書ではいろいろ見せてくれます。

マーケット感覚を磨く5つの方法
マーケット感覚は誰でも磨くことができ、感覚が優れていれば、あらゆる能力の上に立って、それを有利に売ることができるようになります。そのためにな何をすればいいのかについて、著者は5つあげています。

1)プライシング能力を身につける
市場で取引されていない潜在的な価値に気づくために、まず日々取引されているものに関して、自分なりの値つけ(プライシング)をしてみる。

2)インセンティブシステムを理解する
人の言動の背後にある要因を考え、要因が言動につながるまでの仕組みを想像する。人の動機はお金だけではない。自分の欲望とも素直に向き合ってみる。

3)市場に評価される方法を学ぶ
評価される方法を学ぶには時間がかかるので、「とりあえずやってみる」方式でものごとを進め、市場の反応を見ながら変えていく。

4)失敗と成功の関係を理解する
成功は、失敗の中から問題点を明らかにし、それを改良しながらしだいに近づいていくものである。従って成功のために失敗は不可欠。

5)市場性の高い環境に身を置く
環境には市場性の高いところと低いところがある。需要者と供給者が価値を交換する場所、インセンティブシステムが働いているところ、市場的な意思決定がなされているところが市場性の高いところである。

「価値を認識する能力」があれば、無から有を作り出すことができます。他人の追随をするのではなく、自分独自の価値基準でものを見ることができます。市場化がさらに進むこれからの世の中で、マーケット感覚は誰もが身につけておくべき能力なのです。


マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
ちきりん

関連商品
自分のアタマで考えよう
多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
買う5秒前
by G-Tools

« 人生がときめく片づけの魔法 | トップページ | 0ベース思考 »

発想法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生がときめく片づけの魔法 | トップページ | 0ベース思考 »