« 脳を鍛えるには運動しかない! | トップページ | 人生がときめく片づけの魔法 »

2015年3月17日

自動運転

◇◆第880回◆◇

4822273962自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション
鶴原吉郎 仲森智博 逢坂哲彌
日経BP社 2014-10-06

by G-Tools

自動運転がもたらす近未来社会
自動運転とは、車が人間の運転手を介さずに自律して走ることです。SFのように思われる技術がすでに実用化一歩手前まで来ています。この先、10年ほどの間に自動運転の車が社会の中で欠かせないものになっていきます。それは携帯電話がこの10年ほどの間に急速に社会に浸透し、なくてはならないものになったのと似ています。本書は自動運転が社会にもたらす影響と自動運転の現在、そして近未来について、わかりやすく書かれています。

自動運転がもたらすメリットには次のようなものがあります。1)交通事故の激減、2)交通渋滞の解消、3)電気自動車(EV)の普及による二酸化炭素排出量の大幅な減少、4)少子高齢社会への対応、5)物流コストの大幅な低減と人手不足への対応 6)駐車場の多くが不要になることによる土地利用の効率化、7)緊急時、災害時の対応の迅速化

自動運転の普及で社会が激変する
これらは相互に影響を与え合い、社会の仕組み全体を大きく変えていくことでしょう。現在のように車を所有するという観念が薄れ、車は無人タクシーのようなものになるだろうと著者は予測しています。スマホで呼び出し、必要な区間だけ乗れば、駐車場の心配をする必要はありません。高齢者でも子どもでも乗れ、移動時間は車中で好きなことをして過ごせます。

自動運転車が普及することによって、車は自家用車から公共交通車へと姿を変えるでしょう。地方の足の確保のために自動運転車は重要な役割を果たします。さらに、運転手が不要になるということは、そこに使われている人材がすべて他の分野で働くようになることを意味します。バス、トラック、タクシーなどの運転手がすべていらなくなったらと考えてみてください。

自動運転の技術を開発するために、自動車会社だけでなく、GoogleやAppleといった企業も開発に取り組んでいます。自動運転車は人や物の移動を助ける一種のロボットと言えます。社会を根底から変えるのは間違いない技術であるだけに、多くの企業がその先頭に立とうとしのぎを削っているのです。車の技術だけでなく、それを社会でどのように運用してもらうかということも大事ですから、そうした分野での可能性を探る企業も出てきています。

ものづくり日本の強みを生かすために
自動車産業はものづくり日本の基幹産業です。それが今、この破壊的なイノベーションにさらされようとしています。ものづくりの中で、付加価値構造を示すスマイルカーブというものがあります。ものづくりの上流と下流で最も付加価値が高く、中流域は一番それが下がる現象を表現したものです。

最上流は「企画」、コンセプトの立案やビジネスモデルの創出であり、それから研究、開発、設計、製造、販売、アフターサービスへと業務プロセスは進みます。このうち企画とアフターサービスが最も利幅が大きく、製造が一番利幅が少ない構造です。日本のものづくりは利幅の少ない設計、製造といった領域を得意としてきました。

しかし、この部分は新興国の攻勢にさらされており、この部分にのみこだわっていては、日本は立ち行きません。これから自動車産業が自動運転という技術によって大きく変わり、社会全体も激変します。その潮流をとらえてコンセプト立案の段階の部分へも積極的にかかわり、イニシアチブを取れるようにする必要があります。それによって、ものづくり大国日本を再興する、自動運転はそうしたことへの絶好のチャンスでもあるのです。


自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション
自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション
鶴原吉郎 仲森智博 逢坂哲彌

関連商品
Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)
「自動運転」が拓く巨大市場-2020年に本格化するスマートモビリティビジネスの行方- (B&Tブックス)
自動車ビッグデータでビジネスが変わる! プローブカー最前線 (NextPublishing)
アップル、グーグルが自動車産業を乗っとる日
未来型乗り物「超小型モビリティ」で街が変わる―宅配、観光、通勤…活躍は始まっている (KOTSUライブラリ)
by G-Tools

« 脳を鍛えるには運動しかない! | トップページ | 人生がときめく片づけの魔法 »

科学・テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脳を鍛えるには運動しかない! | トップページ | 人生がときめく片づけの魔法 »