« 浅田真央、20歳への階段 | トップページ | 史上最大の決断 »

2014年7月 7日

三銃士

◇◆第867回◆◇

4001145618三銃士〈上〉 (岩波少年文庫)
アレクサンドル デュマ 長島 節
岩波書店 2002-12-18

by G-Tools

児童書として抄訳された『三銃士』
『三銃士』はアレクサンドル・ディュマ・ペールによって1844年に書かれた小説です。物語の背景は十七世紀はじめ、フランスのルイ13世の時代です。片田舎ガスコーニュ地方から銃士を目指してパリへ出てきたダルタニャンが、アトス、ポルトス、アラミスの3人の銃士と知り合い友情を結びます。枢機卿リシュリュー、王妃アンヌ・ドートリッシュ、イギリス貴族バッキンガム公爵など実在の歴史上の人物が登場し、剣と恋と陰謀が入り乱れてテンポよく話が進んでいきます。

何度も映像化されており、多くの冒険活劇に影響を与えた作品でしょう。原作はさらに長い『ダルタニャン物語』という全11巻からなる長大な物語の冒頭の2巻分のお話であり、第二部『二十年後』、第三部『ブラジュロンヌ子爵』という作品とともに三部作になっています。児童書の抄訳であるためかもしれませんが、登場人物たちの内面が深く描かれる場面などはなく、少年漫画のようにただただ行動あるのみという調子で話が進んでいきます。

簡単に切りあい、遊び半分のように命のやりとりをします。登場人物たちには実在のモデルがありますが、台詞も設定も漫画のようで、深刻さは全くありません。それぞれの登場人物のキャラクターがはっきりしており、だからこそ、映画やアニメにもしやすかったのかと思います。時代、地域を越えて、いろいろな設定の下に置き換えられる物語母型となる要素を数多く含んだ話です。


三銃士〈下〉 (岩波少年文庫)
三銃士〈下〉 (岩波少年文庫)
アレクサンドル デュマ 長島 節

関連商品
三銃士〈上〉 (岩波少年文庫)
モンテ・クリスト伯 (中) (岩波少年文庫 (504))
モンテ・クリスト伯 (下) (岩波少年文庫 (505))
モンテ・クリスト伯 (上) (岩波少年文庫 (503))
宝島 (岩波少年文庫)
by G-Tools

« 浅田真央、20歳への階段 | トップページ | 史上最大の決断 »

児童文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅田真央、20歳への階段 | トップページ | 史上最大の決断 »