« 浅田真央公式写真集 MAO | トップページ | 天才!成功する人々の法則 »

2014年5月 5日

Sports Graphic Number846

◇◆第859回◆◇

B00HS3GEOSSports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 2/13号 [雑誌]
文藝春秋 2014-01-30

by G-Tools

浅田真央の「集大成」直前号
ソチ五輪直前特集号。今シーズンを「集大成」と表明していた浅田真央を「ラストダンス」として、本誌の三分の二以上をさいて取り上げています。巻頭には、宇都宮直子さんの「ラストダンスに祈りをこめて」という文が載っています。続いてバンクーバー以後、ソチまでの四年間、佐藤コーチのもとで一からスケーティングを見直して、ようやく準備が整った様子のドキュメントがあります。

さらには、浅田真央の名を日本中に知らしめた05年のグランプリファイナル優勝の日の模様が、当時を知る関係者の記憶をあわせて構成する形で綴られています。記事は、この大会で3位になった中野友加里の「フィギュアスケートで、こんなにお客さんが入るんだ」という驚きの回想で始ります。現在では、世界選手権の数日でJリーグの一チーム一年分の利益に等しい売り上げをあげるというフィギュアスケート。その隆盛の原点となったのが、このGPFの浅田真央の優勝でした。

このシーズンからシニアにあがったばかり、まだ中学生だった彼女が、世界の上位6人しか出場できない夢舞台に登場し、軽やかなトリプルアクセルと難易度の高い演技構成で、あっさりと優勝してしまいます。浅田の天真爛漫な優勝ぶりを記事はこう伝えます。「再びスタンディングオベーションとなった観客席に右手で懸命に手を振ると、おじぎをした浅田は左手にドラえもんのぬいぐるみを抱えて去っていった。15歳の世界女王が誕生した瞬間だった。」

その後、トリノ五輪には年齢制限で出場できないこともあって、浅田真央の名前は社会現象になっていきました。関係者はその快挙を喜び祝福すると同時に、「これからが大変だろうな」と一様に感じたと話しています。メディアの大騒ぎ、世間の注目、プレッシャー、毀誉褒貶…。生まれ育った東海地方限定でいえば、彼女は12歳ころから注目され、取材も受けています。それでも全国レベルの注目を一身に集めるようになったのは、この日以来のこと、それは瞬く間に国民的アイドルへと彼女を押し上げます。

応援してもらうのはうれしい、応援は力になります、と彼女は常に語ってきました。実際にそうなのでしょう。十代の少女がこれほどの注目を一気に集めながら、その後のメディア対応も見事にこなして大人になっていったのは特筆すべきことです。「何よりも天真爛漫としか言いようのない、はつらつとした演技と笑顔で、会場であれ、テレビを通してであれ、観る者の心に強烈なインパクトを与えた。」

「前進し続けてきた真央を誇りに思います」(ローリー・ニコル)、「真央、自分を信じなさい。あなたはとても強い人」(タチアナ・タラソワ)、「優雅で美しく女性としてのカリスマ性も身につけた偉大な選手」(イリーナ・スルツカヤ)、など、浅田真央を讃える言葉が本誌の中に数多く記されています。彼女のアスリートとしての偉大さはいろいろな角度から語ることができるでしょう。それでもなお、あれからの8年で公私ともにさまざまなことがあったにもかかわらず、彼女が今も当時の雰囲気を失わずに持っていること、それこそが浅田真央の真の天才性であろうと思います。


Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 2/13号 [雑誌]
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 2/13号 [雑誌]

関連商品
浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]
All History 浅田真央 ~花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着~ [DVD]
フィギュアスケートファン 2014―日本男子総括号 (COSMIC MOOK)
ワールド・フィギュアスケート 63
フィギュアスケート ソチ・オリンピック観戦ガイド (ワールド・フィギュアスケート別冊)
by G-Tools

« 浅田真央公式写真集 MAO | トップページ | 天才!成功する人々の法則 »

浅田真央」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅田真央公式写真集 MAO | トップページ | 天才!成功する人々の法則 »