« 影の現象学 | トップページ | 月と六ペンス »

2009年5月14日

人生の扉をひらく「万能の鍵」

◇◆第565回◆◇

4763196049人生の扉をひらく「万能の鍵」
ラルフ・ウォルドー トライン Ralph Waldo Trine
サンマーク出版 2005-03

by G-Tools

無限の生命と力のスピリットとつながるには
本書の内容を一言でいえば、「すべての背後には<無限の生命と力のスピリット>が働いて、すべてを動かし、すべてを通じて、すべてのなかに現れている。そのことに気づけば豊かに生きられる」ということです。著者が生きた時代は1866年から1958年、比喩などには時代を感じますが、書かれている内容は、現代出版されているスピリチュアル系の書物と全く変りませんし、おそらくずっと昔から霊的に偉大な師といわれている人びとが述べてきたことと同じだと思います。

物質主義的な現世に生きている私たちは、この教えをなかなか素直に受け入れることができません。自分の中にあるエゴが邪魔をして、真実を見る目を曇らせてしまうのです。この世での一番の仕事は、この曇りを拭い去り、いかにして大きなひとつの命とつながっている自分を発見できるかではないか、と思います。

宗教の名前に意味はない
著者はアメリカ人のキリスト教徒ですから、聖書やイエスのたとえを随所に使っていますが、宗教の教えの根本はひとつであるといっています。富士山の頂上へいくのに登山道がいくつもあるようなものです。最後にたどりつくところは何教という名前とは関係ありません。他の宗教を迫害するような教えや行動は宗教の名を借りた利己主義、死んだ教義、捨て去るべきものです。

すべてのものは神のあらわれであるのだから、神が宗教のレッテルで人を区別することはありません。だから、宗教施設で祈るよりも、まず自分の心の内にいる神を意識して、その声を聞くことが大切です。誰もが毎日静かになって、心の内からやってくる声を聞く時間をほんのわずかでもいいから持ちなさい、と本書では勧めています。誰もが神とつながっているのだから、外の権威者や宗教の教義に頼る必要はありません。

静かに自分の心の声を聞く時間をもつ
書物を読んだり、話を聞いたりして啓発を受けることは大事ですが、自分自身の心の声をきくことがすべてに優先します。つまらない欲望をかきたてるものはエゴの声です。真摯に耳を傾けていれば、真実の声が聞こえてきます。神は常に私たちに語りかけています。それなのに、私たちは日々の生活に追われ、それを聞く習慣を持っていない、それが最大の問題なのです。

最高の助言者が心の内にいるのに、それに気づかず、外のやかましい雑音にとらわれ、あたふたしているのが私たちです。この話はキリスト教では「放蕩息子の帰環」として、仏教でも法華経で宝石を衣の裾に縫いこんでもらっていながら、気づかずに乞食としてさすらう男の逸話として登場します。宝は自己の内にあり、そのことに気づきなさいと繰り返し教えているのです。

すべては、ただ与えられる
ロンドンのセントポール寺院へ行ったときに見たホルマン・ハントの絵を思い出しました。その絵は、ランプを手にしたキリストが蔦で覆われ固く閉ざされた木の扉をノックしている場面を描いています。その顔には限りない慈愛の表情がたたえられています。神は愛と喜びのランプを手に、万人の心のドアを静かにノックし続けているのです。「受け入れる用意ができている者には、すべてはただ与えられる」と著者は述べています。

本当の意味で豊かになるのに、時間も手間も必要ないのでしょう。ただ心を開いてそこにあるものを受け入れればいいのです。扉を開けさえすれば、暗闇にランプの光が流れ込んできます。

人生の扉をひらく「万能の鍵」
人生の扉をひらく「万能の鍵」
ラルフ・ウォルドー トライン Ralph Waldo Trine

関連商品
自己信頼[新訳]
人生を開く心の法則
精神について (エマソン名著選)
「宇宙の力」を使いこなす方法
「思い」と「実現」の法則 (East Press Business)
by G-Tools

« 影の現象学 | トップページ | 月と六ペンス »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

ブースカさま、コメントいただきありがとうございます。

内側からやってくる智慧…、瞑想をなさっているのですね。自分の心の声をきく姿勢を持つのは何よりも大事なことだと思います。

私も今年に入ってからまさに「導き」としか思えないような経験をしました。いくら自分が頭で考えてもわからなかったこと、ずっと物心ついたときから悩んできたことが、その一瞬で氷解する思いがしました。

そういう瞬間をもてたことにとても感謝しています。神仏というか、何か大きな存在がいて私を支えていてくれるのだと感じましたし、何も恐れることはない、とも思いました。

素晴らしい内容ですね。
早速アマゾンで注文しました。

瞑想している時に正に智慧と思う考えが沸いてくる
事があります。この内側から出てくる答えは外から学ぶ知識、知恵と違ってその問題に係わらず全てを網羅し変えるといいますか、姿勢そのものを変えるような
大きな答えになっていることが多々あります。

手にとって読むのが楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 影の現象学 | トップページ | 月と六ペンス »