« スマイルズの名著『品性論』 | トップページ | 前世を覚えている子どもたち »

2009年3月17日

アイデアのちから

◇◆第536回◆◇

4822246884アイデアのちから
チップ・ハース+ダン・ハース 飯岡 美紀(訳)
日経BP社 2008-11-06

by G-Tools

「記憶に焼きつくアイデア」の原則とは
記憶に焼きつくアイデアとは、大勢の間に瞬く間に広まり、人の行動を変え、さらには長く記憶されるようなアイデアのことです。典型的なものはことわざです。焼きつくアイデアは人の心をとらえるのです。本書ではそうしたアイデアを単純明快・意外性・具体的・信頼性・感情に訴える・物語性という六原則でくくり、それらを「SUCCESsの法則」としてまとめています。冒頭と巻末に同様のまとめがあり、中身はそれらの具体例です。

S:Simple 単純明快である
アイデアの核となるものは何かをつかみ、それをできる限り簡潔に伝えるようにします。あれもこれもと盛り込みたくなるけれど、そうすると焦点がぼやけてしまいます。新しいことを伝えたいとき、既存のイメージを利用して相手に類推してもらうと有効。最も重要なことだけが相手の頭に残るように心がけます。

U:Unexpected 意外性がある
アイデアに関心を持ってもらうには? まず、パターンを打ち破り驚いてもらうことを考えましょう。しかし、驚かせるため、受け狙いだけではダメ。アイデアにつながる驚きを提供すること。さらに関心をつなぎとめるために、謎を生み出します。そのために相手の知識に意図的に「隙間」をあけていきます。

C:Concrete 具体的である
アイデアをきちんと理解してもらうには? 抽象的な言葉は避け、人間の行動や五感を通じてアイデアを説明します。「知の呪縛」に注意。専門家であるほど抽象性の高いところにはまりこんでしまいます。その知識が無い人にはどう見えるか、どう受け止めるかという別の視点を失いがちなので、そこから逃れることを常に考えましょう。

C:Credible 信頼性がある
アイデアを信じてもらうには? 権威者や人気スターの言葉を使うのはコマーシャルでよく使われます。統計数字を使う場合は、かみくだいて相手が身近なものとしてイメージできるものにしておくことが大事です。さらに、アイデアを相手に検証してもらう、というのもいいでしょう。

E:Emotional 感情に訴える
アイデアを心にかけてもらうには? 人間は理屈より感情で行動します。感情をかきたてるにはどうするか、を考えましょう。人は漠然とした貧困地帯全体よりも恵まれない個人に寄付したくなります。抽象的なものより人間に何かを感じるからです。

S:Story 物語性がある
アイデアを行動に移してもらうには? 物語は、シミュレーション(行動の仕方を教える)と励まし(行動を起こすエネルギーを与える)という二つの重要な役割を持っています。人を励ます物語には「挑戦」「絆」「創造性」の3つの筋書きがあります。

これら六原則はよく読んでみれば、相互に干渉しあうものであることがわかります。意外性がなければ物語性などないでしょうし単純明快でなければ具体的ではないでしょう。著者たちが本書を生み出す前段階の参考として、『急に売れ始めるにはワケがある』があげられています。ここで「記憶に粘る(焼きつく)要素」が取り上げられており、本書はそれを発展させてその特徴を突き止めています。


アイデアのちから
アイデアのちから
チップ・ハース ダン・ハース 飯岡 美紀

関連商品
スイッチ!
ブレイン・ルール [DVD付き]
ガー・レイノルズ シンプルプレゼン
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1)
裸のプレゼンター
by G-Tools

« スマイルズの名著『品性論』 | トップページ | 前世を覚えている子どもたち »

発想法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スマイルズの名著『品性論』 | トップページ | 前世を覚えている子どもたち »