« 日本の200年(下) | トップページ | ポスト・ヒューマン誕生 »

2007年3月31日

ゆるめてリセット ロルフィング教室

◇◆第385回◆◇

4396612818ゆるめてリセット ロルフィング教室―一日7分!体を芯からラクにするボディワーク
安田 登
祥伝社 2006-12

by G-Tools

自分でできるロルフィング
ロルフィングとは、解剖学と生理学をベースにアイダ・ロルフ博士によって考案されたボディーワークです。本来は、施術者(ロルファー)が手技を用いて緊張している筋肉や癒着している筋膜をゆるめて、さまざまな身体の不調を取り除くというものです。日本ではまだあまり知られていませんが、著者は能楽師であり、アメリカで公的な資格を得たロルファーでもあるというユニークな経歴を持っています。前著の『疲れない体をつくる「和」の身体作法』では、能の身体の使い方とロルフィングには共通点があることを指摘し、深層筋のエクササイズを紹介していました。

一日7分で体をゆるめる
本書では、ロルフィングに焦点をあて、誰でも簡単にできる(一日7分と銘打っていますから)エクササイズが紹介されています。目次にあがっているのは次のようなことです。

1.呼吸をコントロール--深くゆったりした呼吸に
2.疲れない脚をつくる--足裏の緊張とかかとの歪みを解消
3.体側をゆるめて、肩こり、腰痛にアプローチ--肩甲骨の使い方次第で、腕や肩は疲れない
4.骨盤まわりの深層筋(骨盤底、内転筋群)をゆるめる--X脚を改善、生理通や便秘にも効く?!
5.お腹と大腰筋を活性化--ぽっこりお腹や、膝痛などにも効果的
6.背骨と仙骨を柔らかくする--背筋も伸びて、ラクな体に
7.首、顔、頭をゆるめて、みずみずしい顔に--ほうれい線も体の緊張も解消

体つきのバランスの崩れを修正する
著者によれば私たちは疲れた体を抱えており、それをなんとかしようとして、さまざまなものに頼ります。病気というのではないが、なんとも調子が悪いという「不定愁訴」を抱えている人は少なくありません。マッサージに通ったり、スポーツクラブでエクササイズをしたりさまざまなことを試みますが、もとの「体つき」が崩れているため、すべてが一時しのぎで終わってしまいます。

ロルフィングは筋肉と筋膜の面からこの「体つき」にアプローチし、体全体の筋肉のバランスを整えることを目指しています。それによって、体のバランスが回復すれば、重力の芯がすっと一本体の中心を通り、実にラクになります。もともと生まれたときの人の体はこうした柔らかさを持っていたはずです。それが、日々の体の使い方のクセやさまざまな負担が重なって、いつしか筋肉のバランスが崩れ、崩れを修正しようとしてさらにガチガチになってしまっているのが実態なのです。

エクササイズの中に大きな努力を必要とするものはありません。また、本当に体をロルフィングでリセットしたいと考えるなら、専門のロルファーにかかる必要があります。ロルフィングの入口として、自分でやってみるという使い方が本書の目的でしょう。特に深層筋の働きについては、ちょっとした驚きがありました。


ゆるめてリセット ロルフィング教室―一日7分!体を芯からラクにするボディワーク
ゆるめてリセット ロルフィング教室―一日7分!体を芯からラクにするボディワーク
安田 登

関連商品
ボディワーク入門―ロルフィングに親しむ103のテクニック
疲れない体をつくる「和」の身体作法 能に学ぶ深層筋エクササイズ (祥伝社黄金文庫)
フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ―健康とリラックス、フィットネスのためのらくらくエクササイズ
フェルデンクライス・メソッドWALKING―簡単な動きをとおした神経回路のチューニング
能に学ぶ「和」の呼吸法
by G-Tools

« 日本の200年(下) | トップページ | ポスト・ヒューマン誕生 »

健康・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の200年(下) | トップページ | ポスト・ヒューマン誕生 »