« ビッグバン宇宙論(下) | トップページ | 魂の絆 »

2006年8月 6日

タッピング・タッチ

◇◆第300回◆◇

4886025439タッピング・タッチ―こころ・体・地球のためのホリスティック・ケア
中川 一郎
朱鷺書房 2004-09

by G-Tools

タッピング・タッチで心身の緊張をほぐす
タッピング・タッチとは、軽く開いた両手指先の腹の部分で、軽く弾ませるように身体のいろいろな部分を、左右交互に優しく叩くことを基本としたケアの技法です。「シンプルでホリスティック」と著者がいうように、いつでも誰でもどこででも簡単にできるのが魅力です。それでいて、思いがけないほど大きな効果を発揮するようです。ペアを組んでタッピングしあう、または自分でやるセルフタッピングもあります。

応用分野は幅広く、家庭内でタッピング・タッチをすることによって、気恥ずかしさを感じることなく、ふれあう時間をとれます。また、自分へのセルフケアとしてもできます。高齢者や病気の方のサポートとしても使えますし、災害などでショックを受けた人を癒す手段にもなります。また、試合や試験などの際に緊張を和らげパフォーマンスを向上させる効果もあります。

もう少し専門的なところでは、カウンセリングや心理療法、教育現場、介護・福祉、医療・看護の現場での活用例も載っています。変わったところではペットのストレス解消にも効くらしく、おねだりする犬の話がでてきます。なぜこれほど簡単なことが幅広い人に効果があるのかという点について、著者はサルの「グルーミング」との類似点をあげています。

タッピングはグルーミング
チンパンジーは1時間以上もグルーミングしあうことがあります。グルーミングは、彼らにとって肌や毛皮のケアをする生理的な働きの他に心をなごませる心理的な働き、親しみを表す社会的な働きが含まれた行為なのです。私たちは霊長類から進化していつしか「グルーミングを忘れたサル」になっています。機械に囲まれて忙しく過ごし、その中でいいしれぬ欲求不満やいらいらがつのっています。

タッピング・タッチは「お互いをケアしあうこと」の大切さを思い出させるのでしょう。一定のリズムによるタッピングで、皮膚と脳に適切な刺激が送られます。そこからリラックスやリフレッシュが生まれます。心と身体に働きかけることにより、自己治癒力を高めることにもなります。さっそく誰かと、そして自分自身にタッピングしてみたくなる本です。


タッピング・タッチ―こころ・体・地球のためのホリスティック・ケア
タッピング・タッチ―こころ・体・地球のためのホリスティック・ケア
中川 一郎

関連商品
「セロトニン脳」健康法―呼吸、日光、タッピング・タッチの驚くべき効果 (講談社+α新書 481-1B) (講談社プラスアルファ新書)
不安も緊張も指先でたたくだけで消える
タッピング入門―シンプルになったTFT&EFT
こころとからだを癒してスッキリ! 魔法の指先タッピング
TFT(思考場)療法入門―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除く
by G-Tools

« ビッグバン宇宙論(下) | トップページ | 魂の絆 »

健康・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビッグバン宇宙論(下) | トップページ | 魂の絆 »